お客様の想いや
不安に寄り添い、
1番の提案を考える

ウェディングプロデューサー

増田 杏奈

2012年新卒入社 大阪セントバース教会勤務

Q1

これが私の仕事

式場を代表して式場の魅力を伝え、
結婚式という一日をお客様と一緒に創り上げます

お客様の中にはご希望のイメージをすでにお持ちで、「こうしたい!」と明確に決まっていらっしゃる方や、なにもイメージが無くご来館くださる方など、様々なお客様がいらっしゃいます。その目の前のお客様の想いや不安に寄り添い、1番の提案を考えるということもプロデューサーの大切な仕事です。
「会場を案内する」だけでなく、一組一組のお客様にとっての素敵な一日をプロデュースすることは非常に重要で、そして難しいことでもあります。

Q2

だからこの仕事が好き!

一番うれしかったことにまつわるエピソード

結婚式のあとも繋がる関係

「必ず素敵な一日をお手伝いします」とお約束してから当日まで、緊張感はずっと続きます。その中で迎えた当日に、おふたりがとっても幸せそうな笑顔をされて、
ご結婚式のあとも、教会に遊びにきてくださったり、お会いできる機会はとても嬉しい時間です。
先日も約一年前にご結婚式をお手伝いさせていただいたカップル様が、教会に遊びにきてくださり、「今でも映像や写真を見て、思い出に浸っています」「本当にここで結婚式して良かった」「また子供が産まれたら会いにきますね」そんな風に結婚式のあとも関係性が続くことは、私にとってとても幸せで、素敵な仕事だなあと実感する瞬間です。

Q3

ズバリ!私がこの会社を選んだ理由

結婚式をチームで
トータルプロデュースできる環境

学生時代にホテルで配膳のアルバイトをしていて、結婚式に興味を持ち、就職活動をスタートしました。
沢山あるブライダルの会社の中で、タガヤはシェフ、パティシエ、ドレススタイリスト、フローリスト、ヘアメイク、フォトグラファー、ムービークリエイターなど全て自社スタッフで行なっているため、特別な一日をチームでトータルプロデュースができる。そこに他にない魅力を感じました。
実際にウェディングプロデューサーとしてお客様とお打ち合わせをしている中でいただいたご希望に対して、ひとりでは考えつかないことも、専門のスタッフが一緒になって考えてくれる環境があるので、本当に心強く、より自信を持ってお客様にご案内できます。

画像

就活生の方へのメッセージ

「どんな仕事をどこでするか」ということはもちろん大切ですが、私自身はそれを「だれとするか」も非常に重要視しました。
「この人達と働きたい!この人達のようになりたい!」尊敬できる素敵な方々と一緒に働けることはとても価値のあることだと思います。
みなさんも就職活動の中で素敵な方々に出会えますようお祈りしております!

【 増田 杏奈 】

ウェディングプロデューサー→チーフウェディングプロデューサー(現職 今年で5年目)

みなさまからのエントリーを心よりお待ちしております

INTERVIEW タガヤの人を知る