目には見えない
画面の向こうのお客様
のことを考え続ける

WEBディレクター

矢追 拓海

2015年中途入社 東京オフィス(WEB事業部)勤務

Q1

これが私の仕事

目には見えない画面の向こうの
お客様のことを考え続けること

どうすればユーザーがこのサイトを使いやすくなるか、どのような情報を提供すればユーザーは満足してくれるか、
などを、Webの技術やノウハウを駆使して体現することがWebディレクターの仕事です。
自社の魅力を伝えることも、もちろんそうなのですが、 それはお客様にとって有益な情報なのか?ということを日々考えています。

Q2

だからこの仕事が好き!

一番うれしかったことにまつわるエピソード

1年半苦しんだ後、
チームで初めての目標全達成

目標は達成して当たり前なのですが。。。
入社してから1年半、まったく成果の出ない時期が続きました。 とても苦しい時期が続いた後、今年の1月に初めての目標全達成をすることが出来ました。
もちろん私の力は微々たるもので、今のチームでなければ出来なかったことですが、 全達成が出来た時は本当に嬉しかったです。
Webの好きなところで言えば、日進月歩が激しく、 常に新しいものが生まれ、常に新しい可能性が生まれていくところです。

Q3

ズバリ!私がこの会社を選んだ理由

自分がスキルアップできる
ステージがあると感じたから

Web事業部を新規で立ち上げるとのお声がけをいただいて、 自分がスキルアップ出来るチャンスだと思い、入社させていただきました。
結果、上手くいかないことばかりで自分の力の無さを痛感する結果となりましたが、 それも含め、素晴らしい環境を与えていただいていると感じています。

画像

就活生の方へのメッセージ

自分を飾ろうとせず、ありのままの姿で就職活動してください。
面接対策やエントリーシートの対策などのテクニックではなく、自分はどうしたいのか?なぜそうしたいのか?など、本質の部分を突き詰めることが大切だと思います。

【 矢追 拓海 】

前職:Webデザイナー・コーダー →当社へ転職:Webディレクター(2年目)

みなさまからのエントリーを心よりお待ちしております

INTERVIEW タガヤの人を知る