新郎新婦様の想いを
代弁し、声と言葉で
披露宴をサポート

MC(司会者)

佐藤 由季

2016年新卒入社 神戸セントモルガン教会勤務

Q1

これが私の仕事

新郎新婦様の想いを代弁し、
声と言葉で披露宴をサポートする仕事

新郎新婦様が希望される披露宴のイメージや進行をお打ち合わせで共有し、その内容を元に、当日足をお運びくださったゲストの皆様へお二人に代わって自分の声と言葉でおもてなしをする仕事です。
お打ち合わせの段階では自分達がどんな披露宴をしたいのか、イメージをつかめていない方も中にはいらっしゃいますので、そんなお客様にはこちらからお二人に合わせた進行のご提案をさせていただきます。お二人のご要望をしっかりと聞いた上で、プロとしてお二人にとって本当にいい方法がどれかを一緒に考え、アドバイスをしていき、そうして決まった進行を元に新郎新婦様とゲストの皆様に心地よい空間をお届けするのがMCの役割です。

Q2

だからこの仕事が好き!

一番うれしかったことにまつわるエピソード

MCの一言で空間が作られ、
お客様の様々な表情を見ることができる

MCはあらかじめ用意したコメントを伝えるだけではなく、その場の空気に合わせたコメントを咄嗟に生み出して伝えていく仕事でもあります。
一生に一度の披露宴ですのでプレッシャーは大きいのですが、言葉に想いが乗り、皆様にその想いが届いた瞬間にはその場の空気が作られていく感覚を肌で感じることができます。その瞬間の新郎新婦様やゲスト様の楽しそうな表情や温かな表情を一番近い場所から見れるのも司会者の特権です。
また、新郎新婦様やゲスト様と一緒に盛り上がったり、ご友人様のスピーチに温かな気持ちになったり、その時その場にいる皆様が感じたことを言葉にして、一体感が生まれた時にもやりがいを感じます。

Q3

ズバリ!私がこの会社を選んだ理由

チーム一丸となってお客様の
大切な1日をサポートできる会社だった

学生時代、演劇に打ち込んでいた私は、チームで一つのことに取り組み、誰かに喜んでもらえるような仕事を探していました。タガヤは料理や写真、お花まで全てが自社で行われており、私が思い描いていた「チーム一丸となって誰かに喜んでもらえる仕事」ができると感じました。そんな期待を胸に会社説明会に臨んだところ、スタッフ同士の仲が良く、また一人一人がみんなお客様への熱い想いを持ってこの仕事をされているんだということがとてもよく伝わってきました。「こんな素敵な人達と一緒に新郎新婦様の大切な1日をサポートしていきたい!」そう思えたことがこの会社を選んだ理由です。
実際に入社してみた現在でもその印象は変わらず、熱意とプロ意識の高いスタッフ達とチームで、お客様にとって最高の結婚式になるようお手伝いをしています。

画像

就活生の方へのメッセージ

就職活動をしていた時、自分には何ができて何をしたいのか、掘りさげて自己分析をしていった結果、 私は今の仕事と出会うことができました。
就職活動の期間だからこそ使える自分と向き合う時間を大切にしてみてください!

【 佐藤 由季 】

MC(2017年4月から2年目)

みなさまからのエントリーを心よりお待ちしております

INTERVIEW タガヤの人を知る